冬の訪れ

 

 

 2011,12,12 冬

 

 

 

 

 気づけば枯れ葉がおち

 

 吐く息白く、鼻がつんとする寒さ

 

 クリーニングにだした

 

 お気に入りのコートをだすと嬉しくてわくわくしました。

 

 

 

 今日は足利で18日までやる展示の搬入

 

 前回もそうだったけれど

 

 作品を飾ったりみにきてくれた方にあうのは

 

 すごくわくわくで楽しい刺激。

 

 

 今回も搬出日にしかいけませんが

 

 いろんな人に見てもらえるといいなとおもってる。

 

 

 

 闘病の末にらむ姉さんがいなくなってしまった。

 

 クリスマスまでまてなかったみたい。

 

 悲しいけれど今もいつもの寝床で

 

 お腹をだしてねている気がして

 

 寂しくはない。

 

 きっと見えなくてもいるんじゃないかなとおもってる。

 

 

 おなかいっぱい食べて寝て

 

 ご満悦な顔をしているんじゃないかな。

 

 彼女の人生の半分しか 私は

 

 一緒に暮らしていなかったけど

 

 本当に姉妹だとおもってるよ。

 

 だって性格がそっくりだもの。

 

 

 またあおう!